FC2ブログ

ブログtop > スポンサー広告 > バッハ『平均律クラヴィア曲集 第二巻』 ピアノ コンスタンチン・リフシッツ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログtop > 音楽 > バッハ『平均律クラヴィア曲集 第二巻』 ピアノ コンスタンチン・リフシッツ

バッハ『平均律クラヴィア曲集 第二巻』 ピアノ コンスタンチン・リフシッツ

平均律の第一巻は、バッハ中期の曲で、息子の教育用に作られたそうです。纏まっていて心地よい。
第二巻は晩年の作、それまでの作品の総合的な体系化。

心地よいメロディーは『音楽の捧げ物』、『フーガの技法』からも聞こえては来ません。ピアノを弾く人が、「バッハはどこが良いのか分からない。」と言っていたのを聞いたことが有りますが。確かにショパンとかと比べると、甘いメロディーが無い。

バッハの後期、それは「仕事」。

日々の糧を得る手段。地道にこつこつと、陽が昇り夜が来るような大きな流れの中に溶け込みながら、全体の形成の輝く要素がきらきらと、静かに滲み出して来る「いとなみ」。

はかなく消えて行く音の、一つ一つにたしかに、命を吹き込んでいく、永続する終りの無い「仕事」。


リフシッツのコンサートは、二度目です。一度めが、紀尾井ホールでの『フーガの技法』。

今回は、平均律全曲と『音楽の捧げもの』『インヴェンションとシンフォニア』を三日にかけて演奏すると言う、まあ気の遠くなるようなコンサート。

その最終日、平均律の第二巻に行ってきました。

横浜の青葉台、フィリアホール。

平均律のCDは、ランドフスカのチェンバロ演奏しか持っていないので、それを何度か聞いて行きました。

今回の演奏、印象はランドフスカに非常に似ていました。奇をてらうのでもなく、淡々と仕事をこなしていく。演奏時間だけでも、三時間、休憩をいれて三時間半でした。

アンコールで一巻の冒頭のプレリュードを演奏してくれたのですが、此方は非常に個性的な印象を受けました。演奏評でも、一巻に関しては、個性的なものだったとか。

二巻は、ランドフスカ以外はグレン・グールドの演奏をちょっと聞いた位なので、詳しい事は言えませんが。リフシッツの演奏は、グールドのような天才的な閃きのものではなく、地に足のついた、地道なもののように思います。

リフシッツ、平均律を引く事は「仕事であり休息でもある。」と言っています。

平均律の二巻は、何気なく聞いていると非常に心地が良い。平均律、(wohltemperiert(e))(well-tempered)は「良く調整された」。平衡、調和をその礎にしている。

調和、ハーモニー。ギリシャ語のハルモニア。
ハルモニア、軍神アレスと愛の神アフロディテの三番目の子供。
兄がデイモスとフォボス。
デイモス(恐慌)、フォボス(遁走)は、戦場をあまねく支配する「恐怖」の二つの要素。

ハルモニア、調和と言う妹は、その恐ろしい恐怖の兄の妹。

歴史を、人の営みを遜色なく見つめれば、そこでは平衡や調和は、朝日の一瞬の輝きにしかず、悲惨や苦しみ、苦痛、恐怖、そして殺人に戦争、それが絶えること無くあまねく横たわり、徘徊し、支配し、止む事が無い。そんな真実がある。
だからこそ、一瞬のまたたきのような調和、平衡がそれこそ心を癒し、明るい未来という希望を示す事が、あるのかと思います。

バッハの音楽が、他の作曲家を大きく凌駕して聳え立つのは、バッハの音楽が、マイナスの要素、人間の悲惨さや苦しみを、恐怖を排除する事無く、心地よさや甘いメロディー、そして「愛」とも同値のものとして、おなじ人間の営みとして、認識しているからだと思います。

そのような、精神の感情の平衡状態が、音楽として流れてくるとき、生かされている存在としての「今」、認識や意識の中に徴す「生」が、心地よさとして甦る。

たしかにバッハの世界は厳しい。

最晩年、『フーガの技法』は、哀調のみが綴られたように感じられます。

でも、やはりバッハの最後の曲は『フーガの技法』。

プロイセンのフリードリッヒ大王に、挑戦状として与えられたメロディーの先に創られた『音楽の捧げ物』。
その延長にあるのが『フーガの技法』だと思います。

音楽家でもあった王からの、悪意でもあり戦争でもある、その挑戦。バッハは一度敗北します。ただそのなかから『音楽の捧げ物』を創造し、更に『フーガの技法』へと進んでいく。最晩年のバッハの強靭的な強さ。それは全てを平衡化する強い意志によってなされた軌跡のように思います。

「神は老獪にして悪意を持たず。」アインシュタインの言葉ですが、後期のバッハには似たような強さと老獪さを感じます。でも故に、どこか親しみを持ちづらい面も確かにあります。

それに比べると、平均律第二巻は、優しさに溢れている。自然体による平衡化が、その奥を貫いている。それに、人間はやはり、悲しみよりは喜びを、苦しみよりは楽しみを求める物だとも思う。

リフシッツ、今回の一連の演奏は全て暗譜だったようです。あの長大な楽譜を全て血肉としさらに演奏する。ふと、パンフレットを見て思ったのですが、まだ38歳なんですね。若い。バッハ、好きなんだろうなあ。素直にそう思えるコンサートでした。

スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿
  • URL
  • コメント:
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

トラックバック URL: http://combray.blog.fc2.com/tb.php/37-1dd672df

profile

オカダヒサオ

Author:オカダヒサオ
本書きです。公演もする事になりました。

公演情報と、その他もろもろ、書きます。

entry
comment
trackback
archive
category
form
rss
link
qrcode
QR
copyright
Author by オカダヒサオ

Designed by マンゴスチンw

岡田久早雄プロデュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。