FC2ブログ

ブログtop > スポンサー広告 > 徽宗「桃鳩図」 三井記念美術館『東山御物の美』展

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログtop > 東洋美術 > 徽宗「桃鳩図」 三井記念美術館『東山御物の美』展

徽宗「桃鳩図」 三井記念美術館『東山御物の美』展

北宋の皇帝だった徽宗が書いた、桃の枝に止まった鳩の絵。個人蔵の為、十年に一度、10日間のみの展示だそうです。前回は、根津美術館の南宋絵画展。

小ぶりな絵です。徽宗皇帝が26歳の時に描いたとか。

モーツァルトの小品のように、生き生きとして、それでいて均斉のとれた。無垢で愛らしい。静かに愛蔵するのは、こんな作品なんだろうなあ。

バッハの大家であり、「ゴールドベルグ変奏曲」のチェンバロ演奏で有名なワンダ・ランドフスカ。

そのランドフスカにモーツァルトの4つのソナタとロンドの録音があります。
チェンバロではなく、ピアノでの録音。晩年のVICTORでの録音。
気品に満ちてやさしい、演奏者のエゴを全く感じさせない、音楽そのもののような録音。

そんな物を感じます。先日見た、フォードの「香りも高きケンタッキー」とか。


でも、やっぱり隣の部屋に展示されていた牧谿に魅かれてしまいました。
スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿
  • URL
  • コメント:
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

トラックバック URL: http://combray.blog.fc2.com/tb.php/35-240d932b

profile

オカダヒサオ

Author:オカダヒサオ
本書きです。公演もする事になりました。

公演情報と、その他もろもろ、書きます。

entry
comment
trackback
archive
category
form
rss
link
qrcode
QR
copyright
Author by オカダヒサオ

Designed by マンゴスチンw

岡田久早雄プロデュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。