FC2ブログ

ブログtop > スポンサー広告 > 伝牧谿『洞庭秋月図』  根津美術館「名画を切り、名器を継ぐ 美術にみる愛蔵のかたち」展

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログtop > 東洋美術 > 伝牧谿『洞庭秋月図』  根津美術館「名画を切り、名器を継ぐ 美術にみる愛蔵のかたち」展

伝牧谿『洞庭秋月図』  根津美術館「名画を切り、名器を継ぐ 美術にみる愛蔵のかたち」展

徳川美術館所蔵の『洞庭秋月図』が根津美術館に出展され、初めて見ました。



「目立つなあ・・・しわ。」テレビ見てて、つい眼が行ってしまう。そりゃあその女優さんももう40ですから。

でも最近のテレビ、それはCMだったんで、鮮明ではっきり、アップで。演技とか何かよりもそっちが先に見えてしまう。

ハイビジョンとか、技術の進化はそれはそれで面白い。

でも、見えないからこそ、見えてくる。演技の質とかそんな「真実」とかも言われるもの。それは映像と言う世界からは遠くなって行くのかなあ・・?

家にテレビは無いんで、ジムで見てた時に、そんな事をふっと。その足で、根津美術館に行きました。



伝牧谿『洞庭秋月図』。伝牧谿なんで、どうだろう? 国宝でも、重要文化財でもないしね・・・とか思いつつ。徳川美術館所蔵なんで、東京では滅多に見られない。

でも、これは本物だと思います。


分かっている筈なのに、絵を見ててハッとする事が有ります。「ああ、この絵は夜、名月の絵なんだ。うーむ。」

題名見てれば分かる筈、「秋月」ですから。でも、絵からにじみ出す様に、名月の夜、秋の夜、洞庭湖の波一つない湖面、深い静けさの、手前に小さく円く映る湖面の月、しみじみと世界の奥行きが迫ってきて。

水墨画なんで、白い紙の上に、ただ墨で描かれているだけです。


遠くの山の端、近景に左右の森、中央やや右、一艘の小さな船に一人の漁師。
手前の画面下に、小さくはっきりと円い月が、白く浮かび出すように描かれている淡い雲のような影。


牧谿の「瀟湘八景図」は、大軸と小軸の分類があるらしく、『洞庭秋月図』は小軸のほうに分類されています。

確かに、大軸の『平沙落雁図』『遠浦帰帆図』『煙寺晩鐘図』『漁村夕照図』とかに比べると、シンプルだし、広がりが小ぶりな気もしますが、逆に静かにながめるとしみじみと静けさが漂ってきて、やっぱり凄いなあ! 牧谿。
スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿
  • URL
  • コメント:
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

トラックバック URL: http://combray.blog.fc2.com/tb.php/32-0bce1de0

profile

オカダヒサオ

Author:オカダヒサオ
本書きです。公演もする事になりました。

公演情報と、その他もろもろ、書きます。

entry
comment
trackback
archive
category
form
rss
link
qrcode
QR
copyright
Author by オカダヒサオ

Designed by マンゴスチンw

岡田久早雄プロデュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。