FC2ブログ

ブログtop > スポンサー広告 > アデニア 鉢山町のブラッスリー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログtop > 日常の事 > アデニア 鉢山町のブラッスリー

アデニア 鉢山町のブラッスリー

公演も無事に終わり。今回は役者・古口くんの彼女に大変お世話になりました。叩きまでやって貰ったり。そのお礼もかねて、古口・マリエちゃんと三人でお食事です。

この所と言うか、演劇に携わるようになってからグルメ関係はご無沙汰です。お金無いしね。その前は結構行ってました。何せバブル世代ですから。レストラン関係の名刺入れ久しぶりに見直したら、随分と閉店の店もあるんだなあ。逆に「ええ! あの店まだ有るんだ?」とか、インターネットだとすぐ調べられるんで便利ですね。

そんな中で見つけたのが、今回行った「アデニア」です。まだ開店して半年とか。渋谷から代官山方面に歩いて10分ちょっとかな、鉢山町の、ちょっと暗くて寂ししい所にありました。シェフは、ニューヨーク・グリルで働いていたとか、大味かなあ? とかも思ったんですが、そんなことは無く繊細な感じでした。

ただ、ネットの情報だとポーションが多くシェアして充分とあったのですが、そこまで量が多いとは感じませんでした。

高田馬場のラミティエさんとか神楽坂のル・ディッサンで、一人分として給される量をみてると。そんなに多くは無いかな。ただ、丁寧に作ってあるんで満足感はあると思います。

それにサービスが非常に丁寧でかつそつがない。恐らく、大きなところで経験を積んだ方なのか、あしらいが上手い。それにスマート。
ワインも状態良かったです。カリフォルニアのカベルネ(HAWKSかな)だったんですけれど、ボルドーグラスに注がれた時の感じが非常に良い。跳ね具合と言うか、泡立ち具合と言うか、ああこれは良い状態のワインなんだなって、すぐ分かりました。なかなか無いんですよ、そういう「生きた」感じってね。

ただ、初めにスパークリングワイン、これが南オーストラリア、赤がカリフォルニア。ブラッスリーなんで、食堂と言うかカフェの上級編の感じになるのかもしれないけれど、何かが足りない。場所で言えば、中目黒から代官山、恵比寿、広尾にかけての地区って土地自体がもつ色は落ち着いているけれど、洗練された独自性がある。もし、アデニアが青山とか西麻布、丸の内とかにあったら、しっくりとくるようにも思ったんです。でも鉢山町と言う少し行くと代官山かたや渋谷となると、あのシンプルさは寂しさを感じさせてしまう。

スマートすぎるのかな、逆に根なし草のような危うさ。

旧世界のワイン、フランスやイタリアワインってそれだけでしっかりと根を張っているような安心感がある。なにか統一されているような満足感かな。そんな所があれば、もっと良くなるような、そんな感じもしました。

でも、近くにあったら、非常に便利です。

アデニア
東京都渋谷区鉢山町1-7
03-5489-5151
http://adenia.jp
スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿
  • URL
  • コメント:
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

トラックバック URL: http://combray.blog.fc2.com/tb.php/25-eead823d

profile

オカダヒサオ

Author:オカダヒサオ
本書きです。公演もする事になりました。

公演情報と、その他もろもろ、書きます。

entry
comment
trackback
archive
category
form
rss
link
qrcode
QR
copyright
Author by オカダヒサオ

Designed by マンゴスチンw

岡田久早雄プロデュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。