FC2ブログ

ブログtop > スポンサー広告 > リヒャルト・シュトラウス:楽劇《ばらの騎士》

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログtop > 音楽 > リヒャルト・シュトラウス:楽劇《ばらの騎士》

リヒャルト・シュトラウス:楽劇《ばらの騎士》

久しぶりの新宿です。雑遊で公演があって、終わった後にぶらぶらと。そうだジュンク堂で本を買おう! そう思って、三越に行ったら。あれ? 三越のビルが工事用のボードで取り囲まれて、人の気配もなし。あらら、3月末で閉店したとか。紀伊国屋書店も良いけれど、哲学書や文学書、そんなマイナーな本が充実していたジュンク堂が無くなってしまいました。あああ残念。

どうしようかなあ、あれ「Disk Union」? 中古レコード屋と言うよりも中古CDかな。たくさんあるし、クラシックもあったかなと言う事で、Disk Unionのクラシック館に行きました。新宿通り沿いの献血のあるビルの8階。初めて行ったんだけれで、結構広いし、品ぞろえも充実。それに中古だから安いし。

いま凝ってるバッハ『フーガの技法』。ジュリアード弦楽四重奏団がある、あれソコロフのピアノ盤もあるじゃん。ちなみにバルシャイ指揮の弦楽版もあったけど、69年の録音。どうも調べたら、バルシャイには72年の録音があり、これはLPだけでしか出ていないけれど、そっちが良いらしい。そのうちCDになるだろう、それまでは我慢しよう。

しかし、『フーガの技法』の録音も、とうとう8種類になりました。

と、でも『フーガの技法』の前に凝って集めたCDが、R・シュトラウスの楽劇『薔薇の騎士』です。そんでもって、あちこち見てたら、あれ! カラヤンの82年録音盤が2000円、だって3枚組ですよ。買っちゃえ。

このCD、蕎麦屋の店長が持ってたので買ってなかったんだけれど、恐らく『薔薇の騎士』の録音のなかではもっとも充実した録音。

薔薇の騎士と言えば、何と言ってもウィーンフィル(以下 WP)です。そんなもんで、もってるCDもほとんどがWPです。
カラヤンだと、60年、64年のザルツブルグ音楽祭の放送用録音のCD化かな、そんな海賊盤。EMIから出てる、正規のフィルハーモニー交響楽団も抜粋版であるけれど、やっぱり音は悪くても、WPが良いなあ。

それに指揮者で言うとエーリッヒ・クライバー、ヨーゼフ・クリップス、レナード・バーンスタイン。結構、異端だけど、結構気に入ってる、ハンス・クナッパーツブッシュも、みんなWP。クレメンス・クラウスもあるけれど、これは戦中の録音で、バイエルン放送交響楽団の演奏。

ただねえ、やっぱり古いんですよ。オペラだし、ライブ録音がほとんどんだしね。そんな点では、やっぱり80年代のカラヤンの録音は、いろいろな面で充実しています。それに、このオペラ、実は焼きまわしです。それまで、『サロメ』、『エレクトラ』とちょっとキワモノっぽいオペラを作って来たシュトラウスが、「やっぱりモーツァルトが良い!」って事で、モーツァルトのオペラ『フィガロの結婚』をモチーフにしたオペラ。その後『魔笛』を基に『影の無い女』を作ったりもした。

でもねえ、やっぱり焼き回しって、焼き回しなんですよね。オリジナル、つまりモーツァルトを越える事は出来ない。たしかにラストの三重唱、二幕の冒頭の二重唱、一幕ラストの元帥夫人のアリア等は素晴らしい。でも全編に統一された何かがない。モーツァルトにしろ、ワーグナーにしろ何処を切っても強い体臭のように匂いがする。でも、シュトラウスになるとその体臭が弱い。
クラシック音楽の中でシュトラウスはバッハ以降、200年近い訳ですから、技術的には可能性が極められた、でも、とうとうその限界が見えてきたって感じが強くする。
だから、シュトラウスもモーツァルトに戻らざるを得なくなる。これ以降だと、もうグランド・オペラとして人口に膾炙するような作品が無くなって来る。そして1949年にシュトラウスも亡くなる。
以降、確かに60年代にはまだ、WPも健在だったし、シュワルツコフのような大歌手もいた。しかし、80年代になると流石に、WPの音も、かっての豊穣さを湛えた豊かさよりも、磨きのかかった輝きのほうへ近づき豊かさが消えて行く、歌手も技術的には完璧でも小粒になってくる。

そんな悲しみを遠くに湛えながら、それでも豪華絢爛に、かつ大時代的に、オペラが幕をあける。そんな感じがします。

リヒャルト・シュトラウス:楽劇《ばらの騎士》フーゴー・フォン・ホフマンスタールによる3幕の喜劇
レーベル:DG Deutsche Grammophon 規格品番:UCCG-4458
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
ヘルベルト・フォン・カラヤン(指揮)1982年11月、1983年5月、1984年1月 ウィーン
スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿
  • URL
  • コメント:
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

トラックバック URL: http://combray.blog.fc2.com/tb.php/17-277e0b11

profile

オカダヒサオ

Author:オカダヒサオ
本書きです。公演もする事になりました。

公演情報と、その他もろもろ、書きます。

entry
comment
trackback
archive
category
form
rss
link
qrcode
QR
copyright
Author by オカダヒサオ

Designed by マンゴスチンw

岡田久早雄プロデュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。