FC2ブログ

ブログtop > スポンサー広告 > 『フォーク 回想』 公演案内

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログtop > 一人芝居『フォーク 回想』 2012.8.10~13 > 『フォーク 回想』 公演案内

『フォーク 回想』 公演案内

一人芝居 『フォーク 回想』
原作 ジョゼフ・コンラッド  作・翻訳・脚色 岡田久早雄

出演:古口圭介(演劇組織 夜の樹)

宣伝美術 小林直(Office わぁまる)
制作 奥田英子(演劇ユニット G.com)
協力 演劇組織 夜の樹,Office わぁまる,演劇ユニットG.com,蕎麦処「美濃戸」,殿岡智隆

ジョゼフ・コンラッド(Joseph Conrad, 1857 - 1924)はポーランド出身のイギリスの小説家です。16歳で船乗りを目指し、世界各地を航海。1895年『オールメイヤーの阿呆宮』で文壇にデビュー。主要作品に『闇の奥』、『ロード・ジム』、『ノストローモ』、『文化果つるところ』、『密偵』などがあります。
『フォーク 回想』は30歳前のコンラッドが、バンコクで実際に経験した事件が元になっていると言われています。
そして、コンラッドは作中で言っています。
「小さなボートや弱い船を襲う難局は、密接な接触や、差し迫る波の脅威によって、人間を一つに引き寄せる。しかし、フォークの場合、そこには安全で便利で広い船が有った。ベッド、食器類、居心地の良い船室、コックの調理場、それが飢餓と言う無慈悲な亡霊に侵され、支配され、取りつかれていたのだ。」
差し迫った恐怖は、人間の「連帯の面」を強調します。そして多くの演劇や映画はそこを好むと思います。しかし、より現実の世界、安全で広く隠れる場所が十分にあり、画策や策略が可能な世界。そこで重要な物が徐々に少しずつ奪われて行く時。
真実とは何なのか?
もちろん答えはありませんが、そんな状況での人間の赤裸々な姿の暴露。そこをしっかりと描きたいと思います。

○チケット料金 前売り/当日とも 2000円(8・10プレヴュー公演 1500円)全席自由 ワンドリンク込み
前売り開始日 2012年06月25日

○チケット取り扱い 及び お問い合わせ
岡田久早雄プロデュース
web予約 http://combray.blog.fc2.com/ 
電話予約 080‐1167‐0763(制作 奥田)
mail予約 teatro.combray@gmail.com

岡田久早雄プロデュース ブログ
web http://combray.blog.fc2.com/

○スケジュール 公演日程
10(金)      ☆19時
11(土)○14時半 ○19時
12(日)○14時半 ○19時
13(月)○14時半 ○19時
☆の回はプレヴュー公演です。

パフォーミングギャラリー&カフェ『絵空箱』
〒162-0801 東京都新宿区山吹町361 誠志堂ビル1~2階
(有楽町線「江戸川橋」駅 徒歩2分/東西線「神楽坂」駅 徒歩9分)
TEL 03-6265-0825
スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿
  • URL
  • コメント:
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

トラックバック URL: http://combray.blog.fc2.com/tb.php/16-4953c037

profile

オカダヒサオ

Author:オカダヒサオ
本書きです。公演もする事になりました。

公演情報と、その他もろもろ、書きます。

entry
comment
trackback
archive
category
form
rss
link
qrcode
QR
copyright
Author by オカダヒサオ

Designed by マンゴスチンw

岡田久早雄プロデュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。