FC2ブログ

ブログtop > アーカイブ - 2015-02-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログtop > アーカイブ - 2015-02-

ゴダール “adieu au Langage”

邦題「さらば、愛の言葉よ」。

ゴダール初の3D、立体映画。

3D自体、初めて見たので、「ああ、ほんとに眼鏡かけるのね?。」何て事を思いつつ・・・。

「コザカシイ!」。そんなに見える必要が有るのかなあ? 立体で見えると面白いのは確かかもしれないが、必要なのかなあ、それって?

「リアル」である事と、「芸術」である事とは違う。「ヌーヴェルヴァーグ」や「新・ドイツ零年」では芸術は横溢していたし、「愛の世紀」でも確かにそれは「有」った。

でも、どうかなあ。

眼鏡、外してみると二重になって、ぼんやりしてた。でも、その方が、何か此方に迫って来る迫力がある。

「2Dで見ると多くの物を失う。」(カイエ・デュ・シネマ)
でも、それで残った物が重要な、何か。かなあ?
スポンサーサイト

profile

オカダヒサオ

Author:オカダヒサオ
本書きです。公演もする事になりました。

公演情報と、その他もろもろ、書きます。

entry
comment
trackback
archive
category
form
rss
link
qrcode
QR
copyright
Author by オカダヒサオ

Designed by マンゴスチンw

岡田久早雄プロデュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。