FC2ブログ

ブログtop > カテゴリ - 東洋美術

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログtop > カテゴリ - 東洋美術

徽宗「桃鳩図」 三井記念美術館『東山御物の美』展

北宋の皇帝だった徽宗が書いた、桃の枝に止まった鳩の絵。個人蔵の為、十年に一度、10日間のみの展示だそうです。前回は、根津美術館の南宋絵画展。

小ぶりな絵です。徽宗皇帝が26歳の時に描いたとか。

モーツァルトの小品のように、生き生きとして、それでいて均斉のとれた。無垢で愛らしい。静かに愛蔵するのは、こんな作品なんだろうなあ。

バッハの大家であり、「ゴールドベルグ変奏曲」のチェンバロ演奏で有名なワンダ・ランドフスカ。

そのランドフスカにモーツァルトの4つのソナタとロンドの録音があります。
チェンバロではなく、ピアノでの録音。晩年のVICTORでの録音。
気品に満ちてやさしい、演奏者のエゴを全く感じさせない、音楽そのもののような録音。

そんな物を感じます。先日見た、フォードの「香りも高きケンタッキー」とか。


でも、やっぱり隣の部屋に展示されていた牧谿に魅かれてしまいました。
スポンサーサイト

ブログtop > カテゴリ - 東洋美術

牧谿「遠浦帰帆図」 三井記念美術館『東山御物の美』展

「遠浦帰帆図」は大軸の『瀟湘八景図』の中の一点。京都国立博物館の所蔵なので、東京ではなかなかお目にかかれない。10年前、根津美術館での南宋絵画展以来だと思う。

10年かあ。あっと言う間なんだなあ。

牧谿と言う画家を知ったのもその頃でした。その前に、五島美術館で大牧谿展があったらしいけれど、その頃は、まだ知らなかったので行けませんでした。

その後、芸術新潮の特集で知って、根津の南宋絵画展や、国立博物館の国宝展で見て以来、「うーん、やっぱり凄いんだよねえ。」

「遠浦帰帆図」。上手(画面右)から下手(左)に向かって強い風が吹いている。その風に乗って二艘の帆かけ船が岸に向かっています。

下手側の下方では、木が大きくたわみ、その奥、のぼりを上げた湖岸の家。人が二人ほど、木を挟んで、更に二人の人、背を向けて座り、釣りでもしているよう。

小さい、ちょっと離れると、ほとんど人は見えない。

画面奥には、向こう岸の木立、それに続く後方に連なる山の端。

手前の山の端には、点苔(てんたい)と言われる、黒い点が何箇所か打ってあって、風雨に耐え、強く存在する山の岩肌の稜線が、いま産まれたような荒々しさを持って迫って来る。

時と言う遠近法が、遠く奥に消えて行くように遥かな山並みの向こうに、うすくかすかに何そうにも、その山の端の稜線に連なって、下手の後方に、あの西洋の科学的な、数学的な、遠近法を越えて、時の広がりのような茫漠さと、いまそこで生まれたような新鮮な奥行きを感じさせながら消えて行く。


図録などでは全く見えないので、本物を見て気付いた。
下手の此岸と彼岸の山なみの間に広がる湖面が、光に満たされ輝いている。

上手側からは大きくたなびくような薄墨で、大気の流れる強さが印象付けられているので、あの下手側のまるで天上に満たされたような、まっさらな光のたまり場のようなぬくもりは、雲間からさした陽の光なのかもしれない。

帆船のさっそうとした、まっすぐな走り。此岸の、風に流されているとはいえやや誇張された、木々の撓み。
『平沙落雁図』『』『煙寺晩鐘図』『漁村夕照図』に比べると、この絵の中心は強い動きに有るのだと思う。

大気の激しい動き。

だが、遠く消え入るようにつらなる山の端、陽だまりのようなひかり、そして、まるで大風など意に介しないように話しこみ、釣りに佇む人々。

やや離れてこの絵を見ると、手前の人々は茫漠とした時間のような空間に吸収されてしまう。遠くの山の端も消えて行く。船の帆影のような薄ぼんやり。山の端に打たれた黒い点苔。木々の誇張された幹の撓み。そのまわりに漂う流され行く大気。

この世ならぬ、深い静けさと、いま産まれたばかりのような不思議な白いひかりが、ぼんやりとその辺りにだけただよって。

形而上のなにかが、やっぱりあるのかなあ。まあそれが芸術かあ。

ブログtop > カテゴリ - 東洋美術

伝牧谿『洞庭秋月図』  根津美術館「名画を切り、名器を継ぐ 美術にみる愛蔵のかたち」展

徳川美術館所蔵の『洞庭秋月図』が根津美術館に出展され、初めて見ました。



「目立つなあ・・・しわ。」テレビ見てて、つい眼が行ってしまう。そりゃあその女優さんももう40ですから。

でも最近のテレビ、それはCMだったんで、鮮明ではっきり、アップで。演技とか何かよりもそっちが先に見えてしまう。

ハイビジョンとか、技術の進化はそれはそれで面白い。

でも、見えないからこそ、見えてくる。演技の質とかそんな「真実」とかも言われるもの。それは映像と言う世界からは遠くなって行くのかなあ・・?

家にテレビは無いんで、ジムで見てた時に、そんな事をふっと。その足で、根津美術館に行きました。



伝牧谿『洞庭秋月図』。伝牧谿なんで、どうだろう? 国宝でも、重要文化財でもないしね・・・とか思いつつ。徳川美術館所蔵なんで、東京では滅多に見られない。

でも、これは本物だと思います。


分かっている筈なのに、絵を見ててハッとする事が有ります。「ああ、この絵は夜、名月の絵なんだ。うーむ。」

題名見てれば分かる筈、「秋月」ですから。でも、絵からにじみ出す様に、名月の夜、秋の夜、洞庭湖の波一つない湖面、深い静けさの、手前に小さく円く映る湖面の月、しみじみと世界の奥行きが迫ってきて。

水墨画なんで、白い紙の上に、ただ墨で描かれているだけです。


遠くの山の端、近景に左右の森、中央やや右、一艘の小さな船に一人の漁師。
手前の画面下に、小さくはっきりと円い月が、白く浮かび出すように描かれている淡い雲のような影。


牧谿の「瀟湘八景図」は、大軸と小軸の分類があるらしく、『洞庭秋月図』は小軸のほうに分類されています。

確かに、大軸の『平沙落雁図』『遠浦帰帆図』『煙寺晩鐘図』『漁村夕照図』とかに比べると、シンプルだし、広がりが小ぶりな気もしますが、逆に静かにながめるとしみじみと静けさが漂ってきて、やっぱり凄いなあ! 牧谿。

ブログtop > カテゴリ - 東洋美術

三井記念美術館『東山御物の美』展

牧谿、沢山来てますよ。チラシだけ見ると根津美術館の『漁村夕照図』が一週間来るだけ何ですけれど。

出品目録! 見たら驚愕。岡山から『老子図』、京都から『布袋図』それに『遠浦帰帆図』、『蜆子和尚図』。MOAと五島美術館から『叭々(はは)鳥図』が、期間替わりで来る。

牧谿以外にも、国宝、重要文化財の山。徽宗皇帝の『桃鳩図』も来る。

それに広くは無いし展示数も多くないので、ゆっくり濃密な時間。

初めて見た中では『宮女図』銭浅(元時代)が繊細な線で印象に深い。


でも、やっぱり牧谿!

前期展示の『老子図』、MOA美術館所蔵の『叭々(はは)鳥図』。

老子の「眼」、叭々鳥の「眼」。水墨画なので、ただ黒だけ。

でもそこに「情」がある。

視線を書いている訳ではないし。眼を眼として描いている訳でもない。

でもじっと、距離を置いて見ていると流れ出して、動き出す。こちらのそれは感情と言う脳内の反応の問題何だろうけれども。

叭々鳥は、寝たふりをして笑ってる。
老子は、老いてなお、喚き怒り、死への抵抗をやめない。

ブログtop > カテゴリ - 東洋美術

明滅する「黒」 木の葉天目茶碗 

サントリー美術館が、赤坂見附から、六本木のミッドタウンに移ってからもう5年位たったりして、でもはじめてのミッドタウン、サントリー美術館でした。「大阪市立東洋陶磁美術館コレクション 悠久の光彩 東洋陶磁の美」展。

大阪の東洋陶磁美術館の引っ越し展示ってな感じ。目玉は、国宝「飛青磁花生」、「油滴天目茶碗」かな。まあ、でも重要文化財の「木の葉天目」に目が行った訳です。
konoha tennmoku 1

葉っぱの葉脈の模様。偶然かな? でも偶然にしてははっきりし過ぎてるし、描いた? うーん? 家に帰ってから調べたら、釉薬の上に葉っぱをのせて焼くと、木の葉が釉薬の役割を果たして、あの紋様が出るのだそうです。実際の「葉っぱ」だった訳。

このお茶碗、形がモダンなんですよね。口の開いた平碗型で、そのバランスが良い。それに「黒」。南宋の時代の一品なので、その黒が、開放的でかつダイナミック。日本の瀬戸黒や、その後の長次郎の奥行きのある「闇」を連想させるような黒ではなく、どこまでも拡がっていくような、陽性の「黒」。
konoha tennmoku 2
ただねえ。これはどうも「葉っぱ」が邪魔のような気がする。あまりにリアルにそこに浮かんでいるような「葉」。もちろん技術としては、それは至難の業なのかもしれないけれど、もしこの葉っぱが無かったら。創成期の宇宙のように一瞬の内に明滅する活力に満ちた「黒」だけの世界が広がったようにも思う。

profile

オカダヒサオ

Author:オカダヒサオ
本書きです。公演もする事になりました。

公演情報と、その他もろもろ、書きます。

entry
comment
trackback
archive
category
form
rss
link
qrcode
QR
copyright
Author by オカダヒサオ

Designed by マンゴスチンw

岡田久早雄プロデュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。