FC2ブログ

ブログtop > カテゴリ - 一人芝居『フォーク 回想』 2012.8.10~13

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログtop > カテゴリ - 一人芝居『フォーク 回想』 2012.8.10~13

反省の弁。『フォーク 回想』

まあ実際的には初公演でした。「成功」とは言い難いかなあ。演劇の世界よりも、はるかに一般社会での生活が長いもので、やっぱり収支が合わないと言うのでは、どれほど質的に高くてもやはり成功とはいえない。

お客さん少なかったです。お盆と言う特殊な時期も有ったとは思うんですが、人を引き付ける何かが無い。そう言う事だったと思うんです。

前回の『千羽鶴』はG.comさんのおかげもあって何とか採算が合いましたが、それと同じレベルで考えてたかなあ。もともとに甘さが有った。

特に本、戯曲ですね。今になって思えばですけれど、古口くんは言っていたんです。「一場・二場がしっくりこない。」ってね。でも根本的な書き直しはしていません。甘かった!

やっぱり本番となり、少ないなりにもお客さんが入れば、それはそれで違ってくるんです。そうすると本の駄目な所、手抜きな所に光が当たって来る。いやあ、辛かったなあ。無駄というより、弛緩した言葉。なぜこうも流れを止めてしまうのか。まあ才能が、そして努力が足りなかった訳ですけれど。

そうなんですね。本番て言うのは、真実が現れる瞬間でもあるんだなあ。駄目な物は駄目と言う恐ろしい真実がね。

良かった点が無かった訳ではありませんけれど。四場は良かったと思います。この芝居は四場の告白が重要で、その為の一~三場である。だから逆に、一から三場で作家のストーリーテリングの力が試される訳ですけど。結果から言うと、そんな力は無かった訳です。それが分かっただけでも一つ前進ですよ。

とは言うものの、結果を受け入れるのも辛いもんです。辞めちゃおうかな、とかも思いつつ、でも他にする事もないし。そんな消極的ではいけません。でも人間だから、そう簡単にON・OFFとはならないし。すこし頑張ってもんもんとし続ける所存です。

本当に、ご協力頂いたみなさま。特に演出も無く果敢に挑んてくれた役者・古口くん。ご来場頂いたお客さま、有難う御座いました。
それに御免なさい、次はもっともっと頑張りますんで、また宜しくお願い致します。
スポンサーサイト

ブログtop > カテゴリ - 一人芝居『フォーク 回想』 2012.8.10~13

一人芝居『フォーク 回想』にご来場頂き誠に有難うございました。

ご来場頂いたお客様、またいろいろと手伝ってくれた皆様。本当に有難うございました。

いろいろと書きたいことも有るような無いような、まだぼーっとしています。また纏まったらいろいろと書きたいと思います。

本当に有難う御座いました。

ブログtop > カテゴリ - 一人芝居『フォーク 回想』 2012.8.10~13

一人芝居『フォーク 回想』公演中です。

初日はバタバタといろいろありましたが、二日目には落ち着き、非常に良いです。

内容は、非常に重いですが。役者・古口圭介を見に来てね。

お席はまだ御座います。予約なしでぶらっと来て頂いても大丈夫ですので、気楽にお出で下さい。

宜しくお願い致します。

ブログtop > カテゴリ - 一人芝居『フォーク 回想』 2012.8.10~13

明日から本番です。

まあ、初めは、役者と作家の二人だけの所から始めたわけで、演出家も音響、照明さんもいないわけです。音響は、ほとんど無いんでまあ、どうにかなるかなあなんては思っていたんですけれど。最初から、照明さんだけはどうしようかなあ? ってずーっと悩んでいたわけです。

そんなこんなで前月の初めごろ小屋で打ち合わせをしたら、やっぱり照明さんだけは頼もうという事になりまして、急遽、前回の『千羽鶴』にも出てもらった内海詩野ちゃんに相談。一度、通し稽古も見てもらい。さっそく照明さんにお願いすることになりました。

こういう時の詩野ちゃん人脈は凄いです。

照明 佐瀬 三恵子さんです。

なんか本格的になって来ましたよ。でもそれだけ、役者・古口圭介、見事に作っておりますので、どうぞ宜しくお願い致します。見に来てね!

ブログtop > カテゴリ - 一人芝居『フォーク 回想』 2012.8.10~13

良い感じに出来ております。『フォーク 回想』

もとはと言えば、前回公演、G.comプロデュース『千羽鶴』からそろそろ二年。その間にG.com文芸部の解散やもろもろと、いろいろあった訳で。それでどうしようかなあとも思いつつ。

本は書いてはいたもので、話だけでもしてみようと思って役者・古口くんに話した所。
「役者・一人、作家・一人、面白いじゃないですか。」
と、そこから始まった公演なので、まあそんときに、演出はまあ良いか、的な感じで、それで「演出」もいないわけで。でも、そりゃあ最初は、私自身が或る程度、演出して、なんてことも考えてはいたんですよ。だって岡田久早雄プロデュースだし。

でも本格的な稽古の初回で、「ああ、これは要らないな。」私の余計な意見などは、と思ったわけです。そりゃ心配と言えば心配でしたけれども、制作的なこともやってたし、なんだかんだ言って、固定客がいるわけでなし。行ったら来てねみたいな自転車操業ですから、唯一の休みの日曜は知り合いの公演に顔出すだけで潰れてしまうわけで。

でも、初の通し稽古で、面白い! いやあやっぱり役者さんは凄い! それだけでも、今回は良かった良かった。なんてね。なんにも口は出してないのに、出来てるんですねえ。コンラッドは凄い。

重いですし、厳しい話ですよ。でもそんな話が、なんかしっくりくるような時代ですしね。

まさしく「南極の氷が見えた。」なんてね極地の極限にまで、暑いなかちょっと覗きにきても損はないですよ。

profile

オカダヒサオ

Author:オカダヒサオ
本書きです。公演もする事になりました。

公演情報と、その他もろもろ、書きます。

entry
comment
trackback
archive
category
form
rss
link
qrcode
QR
copyright
Author by オカダヒサオ

Designed by マンゴスチンw

岡田久早雄プロデュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。